やっぱりバドが好き

筋トレや英語、健康に関して実際に経験したことを中心に情報発信します

僕が英語を勉強する理由は?

f:id:badworkout:20190907215103j:plain



皆さんは英語を勉強している理由をお持ちですか?




英語を勉強されている方の中には様々な理由で勉強されているかと思います。

  • 会社で必要だから英語の勉強をしている
  • 試験に合格しないと昇格できないから
  • 映画を字幕なしで観たい
  • 転職やキャリアアップのため
  • 単純に英語が話せるとかっこいいいから
  • 東京オリンピックに向けて外国人観光客にかっこよく対応したい
  • 海外旅行が好きで海外で不自由なく旅行を楽しむため
  • 海外で将来働きたい


今回は、僕が英語を勉強する理由についてお話していきたいと思います。「なぜ英語を勉強するの?」という疑問点を問い続けた結果出てきた回答です。今後の英語の勉強の御役に立てればうれしいです。

僕が英語を勉強する本当の理由

f:id:badworkout:20190916151640p:plain


僕が英語を勉強する理由は、




  • 英語の方が圧倒的に情報量が多い





これが僕が英語を勉強する理由です。
もちろん、初めのころは最初に書いたような理由で英語の勉強を始めました。

  • 映画を字幕なしで観たい
  • 外資系の会社に転職してみんなに自慢したい
  • 英語を話せることが日本ではまだまだステータスが高い


このようなことを考えながら英語の学習を続けていました。


ただ、この理由だと「軽い理由で本心ではないのでは?」、「そんな理由で英語の勉強を継続できるのだろうか?」と思うことがたたあり、人に英語を勉強している理由を説明するときにもいまいち理由が弱い感じを受けていました。



もちろん、個人で学習しているので他人を気にするべきではないですが、質問された際に具体的な理由や明確な答えがあることでサポートしていただける方が増えると思いました。


どうやってその理由に至ったのか

f:id:badworkout:20190916154910j:plain


まず、初めに僕が行ったことは
「自分が将来どうなりたいのか?」を決めてそこから考えていきました。もちろん、自分の将来を決めることにもとてつもなく時間がかかるため、「そもそも自分が何をしようかまだ決まっていない」、「どうしようか悩んでいる」という方はそちらを決めることをお勧めします。



なぜかというと、やることを決めてしまえばあとはやり方を考えて実行するだけだからです。人は悩んでいる時間が長く、悩むことに対して時間を無駄に使ってしまいやすい性質があります。



例えば、

  • あの車買おうかな、どうしようかな?
  • あの子に告白しようかな、辞めようかな?
  • 転職しようかな、どうしようかな?

こういった悩みというのはフォーカスしたいことに対して100%以上の力を出したいときに出せない要因となります。



そのため、まずはご自身が将来どうなりたいかを決めたほうが、これから行うことが明確かつクリアになり、悩みを持っている状態よりも早く目的地にたどり着ける確率が高くなります。とはいえば、悩みながら走り出したい方もいるかと思いますので、その際は一旦仮で目的地を決めましょう。



私の場合は将来はビジネスオーナーと投資家を目指しています。
全てはここから英語を勉強する理由を考えていきました。
人によっては僕が書くロジックに対して理解ができないと思う方もいるかもしれませんが、あくまでも私個人の考えですので腑に落ちない方は別の方の意見を参考にされた方がいいかもしれません。




ビジネスオーナーと投資家になるのであれば、

  1. すべての事は決断によって決めていかないといけなくなる
  2. 成功確率が高くなるように決断するためには何が必要だろうか?
  3. 判断、決断をするためには情報が必要で、これまでもたくさんの情報をもとに物事を決めてきた
  4. 莫大な情報量を手に入れる(ネットで)にはどうしたらいいのだろうか?
  5. 日本語よりも英語の方が10倍以上の情報量が手に入る
  6. それなら英語で調べて英語で情報を得たほうが圧倒的に有利になる



上記に上げたようなことが必要になってくると考えてます。ご参考にしてみてください。



英語はあくまでも自分の目標を達成するためにツール

f:id:badworkout:20190916154138j:plain

色々と考えた結果、英語は勉強し続けるべきで、可能であればネイティブに近いレベルになれるほうが良いと思いました。
僕たちが普段目にしている日本語の情報の多くは、海外から流れてきた情報の一部を日本人が選んで翻訳してから
僕らのところへ情報が流れてきます。言い方を変えると、上層部が都合の良い情報をコントロールできるといえます。
結果的に、重要な決断をする際に間違った判断をしてしまう可能性が高くなってしまいます。



そのため、僕は英語の方が圧倒的に情報量が多いから英語の勉強を続けようと決めることができたのです。
もちろん、あくまでも英語は目標を達成するためにツールに過ぎません。
英語以外でも同じ事は言えると思います。



例えば、お金が欲しいとします。お金を貯めるためにお金が欲しいという人もいますが、
お金を貯めて何か買いたい、実現したいことがあるからお金を貯めていますよね。
お金がないと不安だという方は、おそらく1億円あっても1兆円あっても不安だと思います。
お金も英語も目的を達成するためのツールという事です。




理由がなくても英語が好きならそれでもいい

f:id:badworkout:20190916152749j:plain



これまで、英語を勉強する理由を述べてきましたが、それ以上に
英語が好きである」ということが大事です。英語を好きになれば自発的に勉強します。
勉強し続ければ結果が出ます。結果が出れば目標を達成することができます。


好きであることは学習理由以上にすごい力を発揮してくれます。
実際に僕も英語が好きです。日本語よりも感情を豊かに表現できる点やシンプルな点が好きです。
日本語と違って結論が先に来る点も僕は好きです。みなさんは「英語」好きですか?